葡萄園の歩み

ワインショッピング
携帯サイト

岩の原葡萄園の歩み

見晴台園からの葡萄畑と頸城平野の眺望妙高連山のすそ野がなだらかに日本海に接する「越後・頸城(くびき)平野」。その頸城平野にあり、かつて城下町として栄えた新潟県上越市に岩の原葡萄園はあります。この葡萄園の歴史は、1890年(明治23年)創業者川上善兵衛が自宅の庭園に鍬を入れ、葡萄園を作ったところから始まりました。以来120年以上に亘り、善兵衛がぶどうとワインにかけた情熱を引き継ぎ、高品質の日本ワインを造りだすための努力を惜しむことなく続けています。
←見晴台園からの葡萄畑と頸城平野の眺望

「日本のワインぶどうの父」川上善兵衛

高田の大地主の家に生まれた善兵衛は、農民救済のための新しい産業としてワイン醸造に着目しました。これは時代背景と豪雪地という風土を考慮した結果でした。私財を投げだして葡萄園を拓いた善兵衛は本格的なワイン造りを追求し、当地の気候風土に適したぶどうを求めて品種改良に没頭し、約1万種の品種交雑の中からマスカット・ベーリーAをはじめ22品種の優良品種を世に送り出しました。また貯蔵した雪を利用した低温醗酵や密閉醸造など、ワインの醸造方法にも工夫をこらし、今日の日本ワイン醸造の礎を築きました。こうして川上善兵衛は、「日本のワインぶどうの父」と称されるに至ったのです。

マスカット・ベーリーA ブラック・クイーン
マスカット・ベーリーA ブラック・クイーン
ローズ・シオター レッド・ミルレンニューム
ローズ・シオター レッド・ミルレンニューム

勝海舟と川上善兵衛

善兵衛が生まれ育った川上家は、代々庄屋や村長を努めた名家で、幕末から明治にかけては勤皇方の志士に援助を与えるなどしてきました。その影響を受け、善兵衛自身様々な明治維新の立役者達と交流を持ちました。特に勝海舟からは大きな影響を受け、ワインづくりを志したのも、勝の談話の中で、欧米の食生活に不可欠なワインが日本にも根付いていくであろうと、確信したためでした。左の書は、明治21年夏、善兵衛が事業を始めるに当り、激励の意味をこめて海舟から贈られたものです。
←善兵衛に贈られた海舟直筆の書
書いてある内容は「筆得風雨劇 詩作金石聲 明治戊子仲秋爲 川上松心子之嘱 海舟」
意味は、風雨の打ちつけるはげしさを筆に得て、金石の音のような素晴らしい詩を書くことが出来る つまり「艱難辛苦に耐える力を得て、輝かしい成功を克ち得るであろう」の意味

善兵衛と越後の雪

川上善兵衛は良質なワインを造るため、発酵温度コントロールや夏場のワイン熟成庫の温度管理に、越後名物の雪を利用しました。冷却設備の無い時代に、ワイン熟成庫である「第二号石蔵」に雪室を併設し、雪を保存し雪による冷却を実現したのです。それから100年、岩の原葡萄園では、CO2の発生量を削減して環境負荷を軽減することを目的に、雪室を復活させました。更に冷却機能だけでなく、雪を直接利用したワインの熟成や、ワイナリーご見学の皆様に、真夏に雪国を体感していただくことも可能です。
←雪室(2005年4月竣工)

HOMEお問い合わせ会社案内サイトマップサイト利用規約個人情報保護方針