会社案内会社案内

100有余年、歳月を重ねて。100有余年、歳月を重ねて。

一世紀余りの時を超えて、日本のワインの歴史を物語る「岩の原葡萄園」。

日本のワインぶどうの父と呼ばれる創設者・川上善兵衛は、この雪深い上越の地に、葡萄園を拓いてワインづくりを始めました。

往事の仕事ぶりを偲ばせる石蔵の冷涼な空気は、その歳月の重みが生み出す品格と、最高級ワインづくりへの果てしない情熱を今も変わらずに伝えています。

会社概要会社概要

社名 株式会社 岩の原葡萄園
住所 〒943-0412 上越市北方1223番地
TEL/FAX TEL:025-528-4002
/ FAX:025-528-3530
代表者 神田 和明
設立 1890年(明治23年)
資本金 10,000万円
従業員数 23人(平成30年4月現在)
取得認可 酒類製造免許
定休日 オフィス 土日祝祭日・年末年始及び特定日
ワインショップ 年末年始及び特定日を除き無休営業
※1月、2月は日曜定休
※詳しくはお問い合わせ下さい。
営業時間 オフィス 8:30~17:00
ワインショップ 9:30~16:30(通年)

代表挨拶代表挨拶

「不屈の精神」で挑戦し続けるために「不屈の精神」で挑戦し続けるために
神田 和明

岩の原葡萄園は明治23年(1890年)、創業者である川上善兵衛が当時自宅の庭園であった土地を整理して農園を開き、創業したことに始まります。その創業の志(こころざし)は、地元における「農民救済」と「殖産興業」でした。「地元で暮らす人々の暮らしを豊かにしたい」という一念で、このワインづくりには不向きな豪雪の地で、積極果敢にチャレンジしたのでした。

善兵衛は長い年月をかけて、ワインづくりに適したぶとうを求めて、何度も何度も試行錯誤を繰り返しました。その結果、マスカット・ベーリーAという日本固有のワインぶどうをこの世に送り出すなど、数々の偉業を成し遂げ、「日本のワイン葡萄の父」と称せられるようになったのです。

岩の原葡萄園は、この善兵衛の、どんな困難にあっても決してあきらめず粘り強くやり遂げる「不屈の精神」と、善兵衛が生み出した資産である「善兵衛(ぶどう)品種」を更に磨き上げることによって、数ある日本のワインメーカーの中で確固たる地位を築いてきました。

昨今、日本ワインが日本国内だけではなく、世界中から注目を集めています。このような中で、岩の原葡萄園の今後の使命は、お客様第一主義をベースに、安全・安心はもちろん、美味しさや、お客様の集いの場の演出をするといった、岩の原葡萄園ならではの付加価値を提供し、創業時の精神である「地元地域へのたゆまぬ貢献」を実現しながら、日本における優良ワインメーカーを目指して仕事を進めていくことだと考えています。

そのためには、まず、岩の原葡萄園で働く人々が、それぞれの持ち場での仕事を通じて、ひとりの人間・社会人、そしてビジネスパーソンとしての成長を図り、明るく、楽しく、そしてイキイキと活躍できる「やってみなはれ」があふれる環境をつくり上げていかなければならないと考えています。そして最後に、「Growing For Good Company(よい会社であるために成長しよう)」というグループ理念のもと、新たな価値を創造し続ける企業を目指し、更なる革新と挑戦を続けていきたいと考えています。

代表取締役 神田 和明