善兵衛のぶどう

岩の原葡萄園創業者川上善兵衛が生涯情熱を傾け、研究を重ねたぼう大な交雑品種から選び抜かれ、今に引き継がれる奇跡のぶどうたちをご紹介します。

マスカット・ベーリーA

マスカット・ベーリーA

善兵衛が産んだ日本ワインの代表品種

1927年(昭和2年)「ベーリー♀」×「マスカット・ハンブルグ♂」を交雑し作られた品種。病気に強く、多収性で作出後川上善兵衛は全国各地のぶどう園に苗木を配布しました。その結果現在では赤ワイン用品種で一番の収穫量をほこり、各ワイナリーで個性豊かなワインが造られています。2013年にはOIV(国際ブドウ・ワイン機構)に品種登録されました。

交雑に関する文書 葡萄園

ブラック・クイーン

漆黒の女王が醸し出す豊かな色と香り

1927年(昭和2年)「ベーリー♀」×「ゴールデンクイーン♂」を交雑し作られた品種。実は濃い黒色で果肉は軟らかく果皮は厚い。

ワインにすると特有の酸味があり、色・香りともに厚みのあるワインになります。

ブラック・クイーン解説論文の一部 ブラック・クイーン(ワイン)
ブラック・クイーン

ベーリー・アリカントA

ベーリー・アリカントA

ワインをより紅く、美しく魅せるぶどう

1923年(大正12年)「ベーリー♀」×「アリカント・ブスケ♂」を交雑し作られた品種。果皮の色は濃い黒色で薄く持久性があります。果肉の色は赤色。

葡萄全書 ベーリー・アリカントA(果実)

ローズ・シオター

善兵衛の白ワインへの挑戦が花開いた品種

1927年(昭和2年)「ベーリー♀」×「シャスラー・シオター♂」を交雑し作られた品種。ぶどう樹は赤褐色で、果皮の色は淡い黄色。青りんごのような酸味で口当たりがよくワインにすると淡い緑色が特徴です。

ローズ・シオターの枝 ローズ・シオターのサンプリング
ローズ・シオター

レッド・ミルレンニューム

レッド・ミルレンニューム

交雑No.6421。北陸育ちのトロピカル風味

1929年(昭和4年)「未詳1号♀」×「ミルレンニューム♂」を交雑し作られた品種。ぶどう果は、淡い紅色にして透明感があります。

トロピカルなフルーツの香りとほどよい酸味が特徴。

レッド・ミルレンニューム交雑番号 レッド・ミルレンニューム